長野ウラドオリは2011年9月22日付けで、下記URLに移転しました。
http://uradoori.com/

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キーワード:


世界トップクラスの製糸業に触れてみよー! ―岡谷市 岡谷絹工房―

2011.05.07 06:38
110501w_okayakinu2.jpg


岡谷駅のほど近くにある岡谷絹工房は建物も歴史深く、製糸業が栄えた明治時代の頃に建てられた洋風建築です。
縦長のガラス窓なんて、そうそう見かける建築ではないですね!洋風、洋風。

手織りの絹織物を忘れ去られないように、今でも開発を兼ねて職人さん達が工房で生産しています。

110501w_okayakinu3.jpg
生徒さんでもあり職人でもあります


予約は必要なのですが、ここで絹織物の体験も行っているようです。
ただ、一般公開している曜日があまりなく、原則として火曜日、土曜日、日曜日しか開いていません。

本当にシルク岡谷と言えば、世界的に有名なので、そんな所で織物体験ってなかなかできるものではありません。
時間に余裕があって、興味があれば是非!

110501w_okayakinu4.jpg
何色も編みこまれた絹・・・キレイ!


なんでも、この織機にセッティングするまでが、途方も無い時間が掛かるそうです。
この時点でデザインや色使いや、編み方まで決まってしまうので、最もクリエイションな部分!


110501w_okayakinu1.jpg
案内してくれた大久保さん


ここで作られた絹製品には、ランチョンマットやスカーフ、ネクタイなどなどたくさんのものがあります。
そして、工房に併設しているショップで販売されています。

バブル時代には、ふらっと現れたお客さんが20万円で絹を買って行ったこともあったんだとか。
スゴイ!と思いましたが、よくよく考えれば世界の岡谷!そりゃ、そのくらい出す人もいるかー・・と感心です。

110501w_okayakinu5.jpg
これ全部、大久保さんが作られた製品だそうです


残念ながら、通販等には対応していないそうなのですが、電話をもらえれば注文は受け付けますよ!とのこと。

もちろん見学だけなら無料です!
日本の伝統工芸に触れてみましょう!



より大きな地図で 長野ウラドオリ を表示



キーワード:岡谷市 体験 お土産


てらしっく
 長野善光寺周辺の情報が満載。観光地で働く人々へのインタビューなど、ちょっと深みのある記事に包まれています!

【長野県庁 VS 小役人】
 長野県庁で働く小泉氏が長野への熱い思いをブログに込めていらっしゃいます!

ナガノナビネット
 長野県松本市を中心とした情報共有サイト!「共有」っていう感覚が良いですし、松本のハイセンスな雰囲気がサイトを見るだけで伝わってきます!

信州Liveon
 信州の情報サイト!というよりその情報量とスピードはもはやトータルニュースウェブ?!県内のプチエンタメ情報なら他に類を見ないコンテンツでしょう!

ながの!ながの!ながの!
 長野を食する方のダイアリー的ブログ。写真の撮り方がすごく上手で、どれを見ても美味しそう!って思ってしまいます!

よしもと芸人 こてつのブログ
 よしもと興業が立ち上げた『あなたの街に”住みます”プロジェクト』で、長野県に住むことになった芸人さんのブログです!

信州関連ツイッターリスト
 長野県ニュースツイッター様が作成された県内のツイッターリスト。僭越ながらウラドも参加させてもらっています・・・。

長野からの徒然なるがままに
 長野にお住まいのつーぴょんさんが日常を綴ってらっしゃいます。

長野ウラドオリMap
 当サイトで紹介した県内スポットをマッピングしています。

さわやか信州旅.net
 長野県の観光協会が発信する、県最大級の観光ポータルサイト!見やすさ、読みやすさ、情報量、どれをとってもダントツのコンテンツです!

まいる


“長野は何でもどこでも観光資源!!”を、コンセプトに観光から生活やその他、県内で起こっているニュースにいたるまで何でもリサーチ中の長野女子でございます。
なるべく毎日更新を目指しています。なにとぞよろしくお願いします。

☆まいる☆

諏訪地方の神社特集!
かわいい雑貨特集!
スイーツ特集!
善光寺参道特集!
ラーメン屋特集!
おしゃれカフェ特集!
信州上田歴史特集!
松本中町通り特集!
日帰り温泉特集!
キレイな景色特集!
美術館特集!









よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ



QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。