長野ウラドオリは2011年9月22日付けで、下記URLに移転しました。
http://uradoori.com/

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キーワード:


女鳥羽川沿いの老舗喫茶店は大正ロマンのビームが出てます ―松本市 おきな堂―

2011.03.19 07:25
おきな堂

おきな堂という洋風喫茶は、女鳥羽川沿いにある老舗の名店です!
昭和初期から続くお店というだけあって、店内、店外ともに大正ロマンの香りが溢れています。

ハヤシライスがオススメらしいのですが、こういうお店では・・・
やっぱり、統一されたインテリアに囲まれてまったりするのが一番似合います。

おきな堂

決して落ち着くという類の店内インテリアではないのですが、大正ロマンの風に包まれて非日常を感じるのって凄く贅沢な幸せだと思うんです。
イメージ的には、ゆったり読書という過ごし方ではなくて、どちらかと言えば、ただぼうっとするのが良いのではないかな?と。

店員さんも凄く良い人ばかりで、皆さん気品に溢れているので、お昼ごはんを食べてやんわりと珈琲を戴いているとポワンとしますね。

おきな堂

北欧家具が敷き詰められた家庭的カフェとは違う刺激があるんでしょうね。

大正ロマンって、超西洋風なんですけど、実は「古き日本の西洋」なんですよね。
だから、変な懐かしさがあって、きっと現代日本でも受け入れられる、むしろ時折恋しくなるビームみたいなのが出てるんだと思います。


みんな、どこかで大正ロマンを求めてる。


それを実現させてくれるおきな堂が素晴らしいのは、平成に蘇った大正ロマンではなくて、老舗のお店だからこそ出せる味を醸し出していることなんでしょう!


是非、松本城観光の帰りにはおきな堂でランチを。


より大きな地図で 長野ウラドオリ を表示


キーワード:松本市 カフェ ウラドオリ的新語開発


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女鳥羽川沿いの老舗喫茶店は大正ロマンのビームが出てます…:長野ウラドオリ

おきな堂という洋風喫茶は、女鳥羽川沿いにある老舗の名店です! 昭和初期から続くお店というだけあって、店内、店外ともに大正ロマンの香りが溢れています。 ハヤシライスがオススメらしいのですが、こういうお店では・・・ やっぱり、統一されたインテリアに囲まれてま?...
てらしっく
 長野善光寺周辺の情報が満載。観光地で働く人々へのインタビューなど、ちょっと深みのある記事に包まれています!

【長野県庁 VS 小役人】
 長野県庁で働く小泉氏が長野への熱い思いをブログに込めていらっしゃいます!

ナガノナビネット
 長野県松本市を中心とした情報共有サイト!「共有」っていう感覚が良いですし、松本のハイセンスな雰囲気がサイトを見るだけで伝わってきます!

信州Liveon
 信州の情報サイト!というよりその情報量とスピードはもはやトータルニュースウェブ?!県内のプチエンタメ情報なら他に類を見ないコンテンツでしょう!

ながの!ながの!ながの!
 長野を食する方のダイアリー的ブログ。写真の撮り方がすごく上手で、どれを見ても美味しそう!って思ってしまいます!

よしもと芸人 こてつのブログ
 よしもと興業が立ち上げた『あなたの街に”住みます”プロジェクト』で、長野県に住むことになった芸人さんのブログです!

信州関連ツイッターリスト
 長野県ニュースツイッター様が作成された県内のツイッターリスト。僭越ながらウラドも参加させてもらっています・・・。

長野からの徒然なるがままに
 長野にお住まいのつーぴょんさんが日常を綴ってらっしゃいます。

長野ウラドオリMap
 当サイトで紹介した県内スポットをマッピングしています。

さわやか信州旅.net
 長野県の観光協会が発信する、県最大級の観光ポータルサイト!見やすさ、読みやすさ、情報量、どれをとってもダントツのコンテンツです!

まいる


“長野は何でもどこでも観光資源!!”を、コンセプトに観光から生活やその他、県内で起こっているニュースにいたるまで何でもリサーチ中の長野女子でございます。
なるべく毎日更新を目指しています。なにとぞよろしくお願いします。

☆まいる☆

諏訪地方の神社特集!
かわいい雑貨特集!
スイーツ特集!
善光寺参道特集!
ラーメン屋特集!
おしゃれカフェ特集!
信州上田歴史特集!
松本中町通り特集!
日帰り温泉特集!
キレイな景色特集!
美術館特集!









よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ



QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。