長野ウラドオリは2011年9月22日付けで、下記URLに移転しました。
http://uradoori.com/

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キーワード:


高遠ブックフェスティバルが迫っています!

2010.09.03 10:26

2010年9月の6日間、信州高遠が「本の町」になります。
私たちはまだ日本には存在しない郊外型の「本の町」を長野県伊那市高遠町で実現することに取り組んでいます。
我々がイメージする「本の町」とは”ブックツーリズム”(本を核とした観光のスタイル)を基本とする町おこしのプランです。
高遠ブックフェスティバル公式HP



南長野の桜の都、高遠で、
第二回ブックフェスティバルが開催されようとしています。

いまいち概要が掴めないかもしれませんが、
(実際、私も何のことかわかりませんでした。)
このフェスは、単に古本を持ち寄る蚤の市的なお祭りとは違うのです。
高遠は、本の町としての確立を目指しています。

日本だと、神保町が古書街として有名ですが、
神保町自体が観光名所か?と言うとそういうわけではありません。

公式HPにも出ていますが、
イギリスにあるヘイ・オン・ワイ(hay-on-wye)という町が、
ヨーロッパの本の町として繁栄しているそうです。

いろんな古書を求めて観光客が訪れる。
そんなちょっとインテリジェントを感じさせるような、
町の発展を遂げているようです。


多分ですが、こういった発展って、
本がたくさんあるとか、どんな本でも見つかるとか、
そういうことだけじゃなく、
本を読むのに最適な町になっているんじゃないでしょうか?

ある種、そこで本を読むことが、
ひとつのステータスになるような…。

そういう意味じゃ、
軽井沢なんかは、私の中で執筆家のイメージがあるので、
本の町に近いのかも…
でも、最近の軽井沢はアウトレットパークになっているので、
ちょっと反れてますね。


そこで!!この高遠ブックフェス!
予算も大変でしょうし、数々の難関はあるかもしれませんが、
桜観光だけに頼らず、次のステージに向かう町の勢い!
そういうの大好きです!


高遠ブックフェスティバル
9月18日~23日


キーワード:祭り 伊那市 軽井沢町


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

てらしっく
 長野善光寺周辺の情報が満載。観光地で働く人々へのインタビューなど、ちょっと深みのある記事に包まれています!

【長野県庁 VS 小役人】
 長野県庁で働く小泉氏が長野への熱い思いをブログに込めていらっしゃいます!

ナガノナビネット
 長野県松本市を中心とした情報共有サイト!「共有」っていう感覚が良いですし、松本のハイセンスな雰囲気がサイトを見るだけで伝わってきます!

信州Liveon
 信州の情報サイト!というよりその情報量とスピードはもはやトータルニュースウェブ?!県内のプチエンタメ情報なら他に類を見ないコンテンツでしょう!

ながの!ながの!ながの!
 長野を食する方のダイアリー的ブログ。写真の撮り方がすごく上手で、どれを見ても美味しそう!って思ってしまいます!

よしもと芸人 こてつのブログ
 よしもと興業が立ち上げた『あなたの街に”住みます”プロジェクト』で、長野県に住むことになった芸人さんのブログです!

信州関連ツイッターリスト
 長野県ニュースツイッター様が作成された県内のツイッターリスト。僭越ながらウラドも参加させてもらっています・・・。

長野からの徒然なるがままに
 長野にお住まいのつーぴょんさんが日常を綴ってらっしゃいます。

長野ウラドオリMap
 当サイトで紹介した県内スポットをマッピングしています。

さわやか信州旅.net
 長野県の観光協会が発信する、県最大級の観光ポータルサイト!見やすさ、読みやすさ、情報量、どれをとってもダントツのコンテンツです!

まいる


“長野は何でもどこでも観光資源!!”を、コンセプトに観光から生活やその他、県内で起こっているニュースにいたるまで何でもリサーチ中の長野女子でございます。
なるべく毎日更新を目指しています。なにとぞよろしくお願いします。

☆まいる☆

諏訪地方の神社特集!
かわいい雑貨特集!
スイーツ特集!
善光寺参道特集!
ラーメン屋特集!
おしゃれカフェ特集!
信州上田歴史特集!
松本中町通り特集!
日帰り温泉特集!
キレイな景色特集!
美術館特集!









よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ



QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。